FAQ 印刷管太郎XI パッケージ版

contents

印刷管太郎XI パッケージ版

Q. 印刷管太郎XIはどのようなソフトですか?
A.

印刷会社向けの統合経営支援ソフトです。MIS(Management Information System)簡単に言いますと、見積作成、受注管理、作業指示書発行、予定管理、工程管理、原価・利益管理、生産実績管理、売上管理、発注管理、出荷発 送管理、納品書、請求書発行、各種月報、集計表の自動作成などが行えるFileMaker Pro12、FileMaker Pro13で開発したパッケージソフトです。

Q. 見積を使うだけでも問題ないですか?
A.

印刷管太郎XIの見積機能のみをご使用になるのは問題ありません。

Q. パソコンで使うソフトですか?
A.

Windows 7 Professional / Windows 7 Ultimate/ 以降搭載のPC。又はMac OS X 10.7以降で使用可能です。

Q. 資料請求はどちらにするのですか?
A.

お問い合わせ窓口へご連絡下さい。印刷管太郎問合せ先

Q. 印刷管太郎XIのパッケージ価格は?
A.

「印刷管太郎XI」1,080,000円

Q. 製品版の貸出しはありますか?
A.

ございません。「お試し版」をご利用下さい。ダウンロードできます。 ご利用の際はWindows 7 Professional / Windows 7 Ultimate/ 以上搭載のPCをご使用下さい。

Q. パソコンの台数分、印刷管太郎XIも購入するのでしょうか?
A.

その必要はありません。基本的に1社(1ネットワーク)1パッケージでOKです。
FileMaker Pro/FileMaker Serverは別途必要になります。

Q. クライアントは何台までOKですか?
A.

最大同時アクセス999台までサポートします。(FileMaker Server13 Advance使用時)

Q. 999クライアント以上アクセスさせる事は可能ですか?
A.

運用方法によりますが、カスタマイズ対応となりますのでご相談下さい。

Q. ネットワークで使えますか?
A.

使えます。その際、サーバーをWindows Server R2 SP1(64bit)、Windows Server2012 Standard Edition(64bit)もしくはMac OS X 10.85 以上で用意する必要があります。

Q. セキュリティー機能はありますか?
A.

あります。6階層のアクセス権限に基づきアクセス権、パスワードを自由に設定管理可能です。

Q. カスタマイズはできますか?
A.

できます。弊社に依頼して頂くことで可能です。 その費用、内容等については別途お打ち合わせが必要です。

Q. サポート(操作説明)はありますか?
A.

基本的には全てユーザー様にて行って頂く様に、操作説明書(ユーザーズガイド)を同梱しております。オンサイトサポートを希望される場合は、別途費用がかか りますが、ご相談に応じております。 TEL、 FAX、e­mail等にてお問い合わせの場合は、ユーザー登録を必要とします。(※カスタマイズをされている場合はサポート対象外となります。)

Q. 新商品やアップデートは案内はありますか?
A.

ホームページにて告知ご案内致します。

Q. 実際に導入ユーザーを見学したいのですが・・・。
A.

このようなご質問を多く頂きますが、見学を受入れて下さるユーザーがございませんので、お断り致しております。 ※弊社にて「印刷管太郎 定期セミナー」を開催しておりますので、詳しい内容についてお知りになりたい方は、セミナーのご案内ページをご参照下さい。(毎回1社限定の開催です。)

Q. デモンストレーションを出張して行ってくれますか?
A.

「定期セミナー」へご参加頂く事ができない場合は、ご相談にはなりますが別途費用を頂いた上で行うことは可能です。

Q. 印刷管太郎の実績はどのくらいありますか?
A.

日本全国500社以上で採用頂いております。

Q. 営業所と工場がそれぞれ別の場所にある場合は使用できますか?
A.

できます。ただし印刷管太郎XIをカスタマイズする必要があります。(VPNを構築して頂く必要があります。)

Q. サーバーやPC等の機器やネットワーク等のご相談もお願いできますか?
A.

お気軽にご相談下さい。

Q. 現状使用しているシステムとデータのやりとりをしたいのですが、可能ですか?
A.

CSV形式のデータのインポート、エクスポートを行う事は可能です。

Q. 印刷管太郎から他のソフトへデータをコンバートできますか?
A.

できます。ただし、印刷管太郎XIの機能ではなく、FileMaker Proの機能に準じた仕様になります。一般的なデータベースソフトによる、データの取り込みや書き出しの機能となります。

Q. 導入ユーザーの業種や、規模について知りたいのですが。
A.

業種については、印刷会社が殆どです。広告代理店、製作、企画、製版会社、デザイン事務所もご使用頂いている様です。規模については、200­300名以上の会社もありますが、従業員100名以下の会社での導入が多い様です。

Q. FileMaker Proを使用したことがないのですが、印刷管太郎XIは使えますか?
A.

使えます。印刷管太郎 付属のマニュアルPDF(ユーザーズガイド)の手順に添ってサーバーの構築、インストールや、マスターデータの登録から、始めて頂く仕様です。

Q. 印刷管太郎を導入する際、必要とする物について教えて下さい。
A.

まず、印刷管太郎XIが1パッケージ。ネットワークでご使用の際はFileMaker Server1本、サーバ及びパソコン台数分のFileMaker Pro、以上です。 パソコン1台のみでご使用の場合、印刷管太郎XIが1パッケージ、 FileMaker Pro 1本となります。 例えば、サーバー1台、クライアント端末10台の場合の構成。印刷管太郎XIが1パッケージ、FileMakerServer 1本、FileMaker Pro 11本となります。

Q. 印刷管太郎は全ての印刷業種向けに対応していますか?
A.

印刷管太郎VXは、一般的な枚葉平版印刷を主にしております。 オフ輪、ビジネスフォーム、シール、等を含む多様なスタイルが印刷業にはある為、印刷管太郎の仕様が貴社の印刷スタイルに馴染まない場合もあります。 その様な場合、運用方法を工夫しての活用も、選択肢の一つと考えられます。カスタマイズして頂く選択肢もあります。

Q. 納品書、請求書の複写フォームを使いたいのですが?
A.

別途カスタマイズが必要です。

Q. JDFに対応していますか?
A.

未対応です。

Q. ブラウザソフトで動作しますか?(Web対応ですか?)
A.

カスタマイズ対応となります。

Q. 印刷管太郎XIの原価の考え方について教えてください。
A.

各社様々な考え方があると思いますが、印刷管太郎VXでは、社内生産を前工程(プリプレス)、後工程(刷版以降)と切り分けて管理します。 原価を積算する方法として、それぞれに生産実績入力項目(作業日報)が用意されております。入力する事により原価を自動的に積算する仕様です。これは時間単価による積算方法と、数量単価による方法の2種類用意されております。 また、外注・用紙については発注入庫台帳と作業表にて管理された内容が原価に集計されます。

Q. iPadで使えますか?
A.

使えます。File Maker Go for iPadをインストールして頂くことにより、印刷管太郎XIを操作することが出来ます。ただし別途サーバーライセンスが必要となります。 ※一部の機能及び、プリント/プリントプレビュー機能はご使用頂けません。

Q. iPadで使う場合はブラウザ対応ですか?
A.

プラウザ対応ではありません。WiFi(無線LAN)通信であり、PC/Macと同様です。